でいとう丸・船頭的主張【 脱・ヘタクソ計画(笑) 】


皆様御機嫌麗しゅう、船頭でございます。
今回のお題は「ヘタクソからの脱却」です(笑)
まずは「脱・ヘタクソ」の心構えから。
釣りの巧い人は、「海中にある自分の仕掛の状態」を的確にイメージでき、
おおよその状態は把握できていると思います。
そんな人はどんな竿を使っても、自分の思い通りに仕掛を動かせます。
だから釣れるんだよね(笑)
問題は今イチ伸び悩んでる方々です。
遠慮なく言っちゃうとヘタクソな方々(笑)
ヘタクソな人は自分の仕掛の状態を的確にイメージできない(していない)ので、
当然自分の仕掛けがどうなっているか?なんて事はわかりません。
と言うか気にしてません(笑)
だから仕掛が降りてる途中でマンダラが食っちゃって横走りされても気付かないのよ(爆)
でもね、名人もヘタクソも同じ人間です。
現在ヘタクソでも細かい事に注意をする様になれば、
今まで気付かなかった事が見えてきます。
常に自分の仕掛の状態をイメージしてみて下さい。
例えば・・・・
仕掛を投入したら道糸が後方に勢い良く流されている・・・ああ、上潮が速いのか?
着底したら道糸は垂直だ、底潮は速くないのか?
あれあれ?船長の言う水深とカウンターの水深が違う、二枚潮で余計に道糸が出ているのか?
シャクってみたらヤケに重たく、仕掛の動きがワンテンポ遅れて感じる・・・
やはり二枚潮がキツく糸ふけが多く出ているのか・・・
なーんて感じでしょうか。

今まで漠然と感じていた事も理由付けができれば、仕掛けの状態も把握できてくると思います。
理由がわからない時は船長に聞いてみて下さい。
大抵の事は解決すると思います。
そんな感じで想像力を働かせていけば、
ヘタクソから脱却して一気にステップアップなんて事も可能ですよ、いやマジに(笑)
ヘタクソ要素を一つ一つ消していって、名人に近づきましょう(笑)
しかし想像力を豊かに働かせても、肝心の道具類がダメだと釣果にはつながりません。
初心者にとっては道具選びは不安が伴いますよね。
そんな訳で続いて道具編です。
イカ釣りの場合、仕掛けは自作しなくともかなりイイ状態のものが入手できます。
良くわかんなかったらFFTに行ってフジモリさんに泣きつけば作ってくれます(笑)
これで仕掛は名人との差がなくなりますね。
で、オモリと道糸は決まってますから、コレも名人との差は無し。
ちなみに当DT丸ではオモリはフジワラのスカリー推奨、
道糸はヤリイカの場合だと新素材3〜4号推奨です。
さて竿ですが。
仕掛を思い通りに動かすにあたって、竿は重要な要素です。
名人はどんな竿を使っても仕掛の状態がわかっていますから、
各自の好みで極端に短い竿を使ったり、驚くほど長い竿を使ったりと
皆一様に勝手気ままなので真似しようと思ってもアテになりません(笑)
ヤリイカ釣りは100m以上も先の仕掛を竿で操作します。
その操作も、竿の調子でかなり変わってきます。
先調子の竿は少しの操作で動かせますが、
軟調子の竿ですと大きな操作が必要です。
先調子はちょっとシャクってやれば仕掛けは動くけど、
軟調子はシャクった瞬間にグニャってなりますから、
その状態から更に持ち上げてやらないと仕掛は動きません。
軟調子の竿なのにジワジワ持ち上げて誘ったりは今イチ。
水深が浅ければ、それでも何とか仕掛は動きますが、
150m以上になると道糸の伸びもあるので、竿が曲がったところから更にシャクらないと。
逆に先調子の竿で浅場で思いっ切りシャクり上げたりも今イチです。
イカが乗る間も無いし、乗っても足が切れちゃいます。
100m以浅の場合は先調子の竿は繊細な操作が要求されます。
イカを掛けてからは軟らかい竿の方がショックを吸収しますから、
比較的イカの抵抗や船の上下を気にせず巻き上げが可能です。
先調子はイカの抵抗や船の上下を気にしながらの操作が必要です。
その辺の竿の特性を良く理解しておけば、
自分の好みに合った竿が自ずと導き出せるのではないでしょうか。
とりあえず船頭推奨のヤリイカ竿は・・・・
1・長さ210cm
2・先調子
3・穂先がソリッド・胴はチューブラ
ってところでしょうか。
長さはもっと短い方が楽なんですが、
長さが先調子の欠点をカバーしてくれる場面が結構あります。
穂先ソリッドは感度重視、胴がチューブラだと軽いので楽ちんだから。
ヘタクソなうちからオーダーメイドでグラスソリッド総巻仕上5万オーバー(汗)
なんて高級竿は買わない方がイイと思います(笑)
そもそも釣竿は経年劣化により素材が疲労して調子が変わってくるので、
基本的に長年使える物ではないと思っていた方が無難です。
そんな感じで、まずは1シーズン頑張ってみましょう。
慣れてくれば自分に合った道具が見えてきます。
まあとにかく悩んだら船長や巧い人に聞いてみるのが一番ですね。
雑誌等で仕入れた情報も時には役立ちますが、
現場にいる人間にその時の状況も含めて聞くのが一番ですから。
それでも釣れなかったら・・・・
船頭がイカのいない所を流してるのかもしれない(汗)

↑ ページの上部へ

仕立承ります

各種仕立承ります。
(平日10名様・土日祝日12名様〜)
詳細はお問い合わせ下さい。

でいとうマルではライジャケの着用を義務付けています