でいとう丸・忘れられない出来事【 頭髪天を衝く(笑) 】


皆様御機嫌麗しゅう、船頭でございます。
忘れられない出来事・その2です。
私・キャプテンDTがまだサカナ船頭だった頃の話です。
相模湾は夏から秋にかけては、ワカシ〜イナダ、カツオ・メジなどを狙う船が多いのは皆様もご存知だと思います。
船頭もワカシからイナダ、状況次第でカツオ・メジに出ていました。
その日はイナダ狙いだったと思います。
正確には、その出来事の印象が強過ぎて、「何を釣っていたか・サカナは釣れたのか」の記憶は曖昧です。
それ位インパクトのある出来事でした。
まあでも文章にしちゃうと大して面白くないんだけどねー(汗)
場所は二ノ宮沖、船上は12〜13人、うちルアーでジギングをする方々が3〜4人だったと思います。
朝から曇天だったのですが、正午近くなった頃には雲行きが怪しくなっていました。
それでも海上は穏やかだったので、天気のことなど気にもせず、
船頭は相棒の第二十八・出井藤丸のアッパーブリッジで操船していました。
「パチッ・・・パチッ」
何だろう、変な音がするなあ・・・気のせいかな?
最初はそんな感じで気にも留めていなかったのですが、次第に「パチパチッ」の音がはっきりと聞こえてくるようになっていました。
船頭の傍らにはルアーマンの皆様のスペアロッドが多数スタンバイしていたのですが、
どうやら音の発生源はその多数のカーボンロッドみたいです。
良く天気予報で「大気の状態が不安定」と言いますが、まさにその状態だったのでしょうか、
そこら中が帯電している様で、ステンレス製のレーダーマストに触れただけで、静電気が「バシッ!」と発生するまでになってしまいました。
冬の乾燥している時期になるアレですね、夏の湿度が高い状態でも起こるんですねー。
そうこうしているうちに、山の向こうからは雷鳴が轟いてきました。
「こりゃーヤバいね、雷が来るかもな・・・」などと思っていたらミヨシ方向から笑い声。
見ると、乗り台に立つルアーマンの大ちゃんの髪の毛が逆立っています。
小学生の頃にやったアレですね、下敷きを擦って髪の毛を立たせるアレと同じです。
いやーおもしれえな、でもコレってマジにヤバいんじゃねえのか!?
登山している時にこんな状態になったら、落雷に気をつけろって昔教わったよなー・・・
あれあれ?大ちゃんだけじゃねえぞ、次々とみんなの髪の毛が逆立ってる!
えええっ!?マジですか、九一分けのおじさんも立っちゃってるじゃん、すげえ不自然!!
そうなんですよ、所謂「九一分け」の方がいらっしゃったんです。
側頭部から伸ばした髪を無理やり頭頂部経由で逆サイドへバーコード状に流した「あの」髪型です(笑)
その側頭部から生えているかなり長く少ない(笑)髪が、まるで生きているかのように逆立ってしまったんです。
しかも、髪が長いので、その微妙な重さがバランスを取っているのでしょうか、
髪が立ったりお辞儀したりと変な動きをするんですね。
船頭はもうおかしくておかしくて、笑いたいんですが失礼なので必死にこらえていました。
周囲のみんなも同じ気持ちだったんだと思います、皆一様に苦しそうな顔で釣りをやめちゃったんです。
気づかないのは当人だけ、一生懸命カッタクリを繰り返すもんだから、それがまたおかしくておかしくて(爆)
いやいや、こんな事で笑ってる場合じゃないぞ、いつ落雷してもおかしくない状況かもしれないし・・・・
あーもうダメダメ、みんな釣りしなくなっちゃったからサカナも抜けちゃったよ(汗)
食わないし危ないから撤収撤収!
ってな訳で雷鳴から逃げるように港に向けたのでした。
・・・うーん・・・こうやって書くとそんなに面白くないんだけどね、
実際にあの現場を目の当たりにしたら、平常心を保つ事はまずムリですね、絶対笑っちゃうよ(笑)
いやーしかし御本人がご覧になっていたら怒るかな・・・・
んーでもさすがにもう時効だよねー、ネタにしてごめんなさい(汗)

↑ ページの上部へ

仕立承ります

各種仕立承ります。
(平日10名様・土日祝日12名様〜)
詳細はお問い合わせ下さい。

でいとうマルではライジャケの着用を義務付けています